母の還暦祝いプレゼントにブランドバッグなら

ブランドバッグ

お母さんが還暦祝いを迎える頃になっても、若々しい装いをしている方も多いです。還暦とはとても思えない。そういった方は増えていますよね。そういうことから、お母さんの還暦祝いプレゼントを選ぶ際に、ファッションアイテムも選択肢に入ってきます。

 

 

日本人女性の場合でいうなら、世代に関わらずブランドバッグが大好きです。プレゼントとしては定番かもしれませんが、還暦祝いに贈ると大変に喜ばれるおくりものです。考えてみてくださいね。

 

ただ、ブランドバッグといわれても、どのようなブランドバッグが還暦祝いのかよく分からないですよね。基本的にブランド選びは、まず、ご本人の好みを考えなければいけませんが、大きな問題として予算との兼ね合いがあります。ここを抜きには語れません。なんせ、値段の幅が大きいですから。

 

例えば、国内で人気の高いエルメスやルイ・ヴィトンを贈るとなれば、たいていのお母さんは喜んでくれるでしょう。でもですよ、中程度の大きさのバッグでも10万円以上は確実にします。このあたりのブランドは、予算が少ないと非常に厳しくなります。

 

関西圏で大人気のシャネルなども非常に高額です。還暦祝いに向けて、お祝いの会の予算も含め、それなりに貯蓄をしていく必要があります。

 

ただ一口にブランドといっても様々。お母さん世代ではおなじみの「クリスチャン・ディオール」をはじめ「コーチ」「バリー」「セリーヌ」「フェンディ」などと選択肢は多岐にわたります。このあたりのブランドであれば、予算内で収まる商品を贈ることもできるのではないでしょうか。

 

別の方法で予算を抑えるとすれば、アウトレット。近年、国内にブランド直営のアウトレットショップが次々とオープンしています。こうした店舗を利用すれば、正規のブランドバッグを通常より格安で購入できます。浮いた分をお祝いの会にまわして、食事をグレードアップさせるっていうのも方法ですね。